アロマテラピー

アロマテラピーの効果と作用について

精油

リラックス効果のあるアロマテラピーは多くの女性に人気があり、心を癒してくれます。

 

アロマテラピーの歴史は、中世ヨーロッパや古代エジプト、ルネサンス時代の昔から重宝されてきた精油であるエッセンシャルオイルは利用されてきました。

 

アロマテラピーは多くの効果が期待できると言えます。

 

アロマテラピーは五感に働きかけてくれ、香りを感じる嗅覚をメインにアロマトリートメントでは触覚、アロマランプなどのアロマアイテムでは視覚から楽しむ事が出来ます。
アロマテラピーで使用されるエッセンシャルオイルは、300種類を超える香りがあります。

 

その香りによって作用は様々で気分に合わせたチョイスが出来る事もアロマテラピーの魅力と言えます。

 

アロマテラピーと聞くと、大変で面倒なモノというイメージもあると思いますが、気軽に簡単に始める事が出来ます。

 

美容効果の高いアロマは、スキンケアをする事も可能です。

 

アロマテラピーの作用は心と身体を癒してくれます。

 

香りは、心へアプローチをしてくれます。

 

緊張してしまうときには心をほぐしリラックスする事が出来ます。

 

他にも集中力の向上ややる気も出る効果があります。

 

また泣きたくなるほど心が落ち着かないときには、気持ちを静めてリラックスして、その時の心の状態によって香りが働きかけてくれます。

 

香りによって作用が異なるので、とても魅力的と言えます。

 

エッセンシャルオイルを嗅ぐと、セロトニン・エンドルフィン・アドレナリンなどが分泌されるために多幸感や情緒の安定、心の活気付け、鎮静などの効果をもたらす脳内モルヒネと呼ばれる脳内神経伝達物質です。

 

香りによって刺激される脳の部位は、自律神経や記憶、本能行動や食欲、性欲、睡眠欲や情動などの内分泌系の働きをコントロールしている部分です。

 

心の影響を受けやすく、感情が安定していると円滑に働き、病気にもなりにくいことがわかっています。

 

アロマの選び方として、自分の心地よいと思う香りがそのときに合った香りと言えます。

 

アロマテラピーの身体へのアプローチとしては、胃痛や肩こり、高血圧や低血圧、生理痛などにも効果があります。精油成分には免疫系の強化であるウイルスや細菌と戦う力を高める効果や血液やリンパの流れを良くする硬貨、各器官の刺激をして働きの向上を促す効果などが知られています。

 

アロマテラピーの精油の作用とトリートメントでの刺激は、より効果を発揮します。

 

アロマテラピーの効果は肌にも大きな影響を与えてくれます。毛穴や乾燥が気になる女性は多いと思いますが、女性にとって肌のコンディションは大事なポイントと言えます。アロマテラピーの殺菌消毒効果で、ニキビや吹出物の解消に繋がります

 

。他にもリラックスすることで血管が拡張し、ターンオーバーの活性化にもつながります。

 

アロマテラピーは身体や心を癒してくれる生活をしている中で身近な存在と言えます。長い歴史のあるアロマテラピーを試す事をおすすめします。